日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟 第2話ネタバレ

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟5

「姉ちゃんがあんな声で…」姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味

「ティッシュ!取ってきて早くっ!」

涼音はタケルに精○を顔中に浴びせられ半ばブチ切れた。

「ま…まな姉もティッシュ使うよね?」

愛美は指先に付いた精○をそのまま舌の先に付けて味見した。

「精○ってなんか変な味やね」

「涼音ちゃんも舐めてみん?」

「い 嫌よ!汚い!」

涼音は嫌がって思い切り拒否した。

「じゃあ 今度は…」

次に愛美と涼音はパンツを脱ぐと縁側に座った。

両足を広げスカートを持ち上げる。

「二人とも しゃがんで見て〜」

ヒロトとタケルはそれぞれのマ○コを目の前にしてしゃがみこんだ。

スカート奥には生マ○コが見えるドキドキでいっぱいだ。

これが女の子の…

まな姉のオマ○コ…

「すず姉!毛が生えてる…」

姉ちゃんのアソコに毛が…!?

涼音のマ○コにはもう毛が生えていた。

「ヒロくん 指入れてみて」

愛美に言われるがままヒロトはマ○コに手を伸ばしいじり始めた。

その様子を見ていたタケルも真似をして涼音のマ○コをいじり始める。

「すず姉の中…濡れてる!」

いじられて気持ち良くなってきた涼音のマ○コの音が聞こえる。

これって…姉ちゃんのアソコの音…!?

「ヒロくん もっと奥まで入れて…」

指を奥まで入れられた愛美は、一層気持ちが良くなり喘ぎ声を漏らした。

「人にしてもらうのと…自分でするの…ぜんぜん違う…」

姉ちゃんもオ○ニーとかしたことあったのか…!?

「オレ すず姉のマ○コ舐めてみたい!」

タケルは強引にスカートの中に顔を突っ込んで涼音のマ○コを舐め始めた。

「すず姉!このチ○コみたいなの吸っても良い?」

「ダメ…そこ…敏感だから…」

「ヒロくん ウチにもアレして?」

ヒロトもタケルと同じように愛美のスカートの中に潜り込んでマ○コを舐め始める。

「あぁあぁあぁ…ヒロくんの舌…気持ちいい…」

タケルに激しく舐め回され、感じてしまっている涼音は漏れそうになる声を手で抑える。

「それ以上は…もうダメェ…」

ヒロトは愛美のマ○コに顔を埋めながら涼音がイかされている様子を耳で聞いていた。

姉ちゃんがあんな声で…

くそ…オレだって…

悔しがるヒロトは愛美のマ○コを一層激しく舐め回した。

姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味。

「ああ〜ん そこ吸うのすごい ヒロくぅん」

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟6

 

そして興奮して眠れない布団の上で思春期の従姉弟と姉と弟は…

 

 

-日に焼けるまで

Copyright© 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟@ネタバレと漫画無料立ち読み!エロ仕上げ , 2019 All Rights Reserved.